自転車シミュレータ 寄贈式

 令和2年11月20日、西脇市茜が丘複合施設 Miraie(みらいえ)において、自転車シミュレータの寄贈式が行われ、日本損害保険協会兵庫損保会東秀明会長から、当協会教育啓発推進部本岡康幸部長へ自転車シミュレータの目録が贈呈されました。
 同損保会東会長は「自転車事故の防止に役立ててください」とあいさつ、贈呈された自転車シミュレータは西脇多可交通安全協会に配置され、北播磨地域等の交通安全教室で活用されます。
 同協会藤原義也会長は、「これからは自転車シミュレータを子供から高齢者まで、幅広く自転車の交通事故防止に活用したいと思います」と話しました。

寄贈式の状況

兵庫県交通安全協会では、自転車シミュレータの機器貸出しを行っています。
詳しくは、お役立ち情報!
「シミュレータの貸出し」ページへどうぞ

 
「シミュレータの貸出し」
ページへ